アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「篤姫」のブログ記事

みんなの「篤姫」ブログ

タイトル 日 時
海音寺潮五郎記念館誌 第30号
2009年6月7日発行の海音寺潮五郎記念館誌 第30号です。ようやく大台。相変わらず私自身のリアルな記憶と一緒の内容が続きます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/13 21:55
海音寺潮五郎『武将列伝』「勝海舟」
海音寺潮五郎さんの代表作『武将列伝』では、取り上げる人物を年代順に並べてあります。その最後を飾るのが「勝海舟」です。幕末の「三舟」、もしくは「四舟」とひとくくりに呼ばれることもある勝海舟(勝麟太郎)ですが、知名度の高さ、果たした役割の大きさなど、勝海舟が他の人々を圧倒的に引き離しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/08/18 22:30
大久保利通と山岡鉄舟 ひいきの引き倒し(その2)
海音寺潮五郎さんの作品中に見られる、「他人を評することは、自分を評することでもある」という言葉の実例として、前回、大久保利通を取り上げて、評者の違いによる解釈の相違を紹介しました。今回は山岡鉄舟です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/04 21:07
海音寺潮五郎「南風薩摩歌」
海音寺潮五郎「南風薩摩歌」 海音寺潮五郎さんの作品で映画化されたものといえば、『天と地と』が何より有名です。映画に限らず、「映像化」という範囲で捉えると、『天と地と』は今年の初頭にドラマ化されたばかりですし、遙かに遡ると昭和44年にNHK大河ドラマとして1年間掛けて放映された実績があります。同じくNHK大河ドラマの「風と雲と虹と」は海音寺潮五郎さんの『平将門』、『風と海と虹と』の2作品を原作としていることは、このブログでも既に紹介しました。これらの実績は非常に有名で、その裏付けとなる情報も簡単に見つかるのですが、その他にも... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/18 13:10
海音寺潮五郎『蒙古の襲来』
NHK大河ドラマ「篤姫」が好調なようです。ドラマとしての描き方の問題で、「史実を歪めすぎているのではないか?」という批判もチラホラと聞こえてきますが、まずは日本の歴史に興味を持つきっかけとしてのNHK大河ドラマの存在意義は私も認めます。そもそも、私が歴史好きになったのは、同じくNHK大河ドラマの「おんな太閤記」を見て以来のことです。この大河ドラマは、日本国内での歴史物としての地位があまりに高いため、数多くの便乗ネタが群がり出てきます。観光地に客を誘致するためのネタとして活発に利用されるのはもちろ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/25 21:20
海音寺潮五郎『列藩騒動録』
海音寺潮五郎さんの『列藩騒動録』が再販されています。瞬間風速的な観察結果に過ぎませんが、Amazon.comでの売り上げをみる限りにおいては、『悪人列伝』のときの出足よりは好調なようです。しかし、いわゆる"お家騒動"を扱った作品というだけでは、この作品に興味を持つには押しが足りない気がしますので、内容を少し紹介してみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/23 21:16

トップへ | みんなの「篤姫」ブログ

海音寺潮五郎応援サイト 〜 塵壺(ちりつぼ) 〜 篤姫のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる