テーマ:武田信玄

上杉謙信はイヤな奴

小学生の頃を別にすれば、私が上杉謙信のことを本格的に知るようになったのは、海音寺潮五郎さんの『天と地と』によるところが大きいと思います。この作品をもとにすれば、上杉謙信という武将は颯爽とした良い人物なわけですが、ひるがえって、武田信玄の側から見ると、こんなイヤな奴はいないだろうなというのが、ふと思い浮かんだ私の感想でした。 何しろ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

海音寺潮五郎の日本史探訪(その3)

今、NHK大河ドラマで「風林火山」を放送しています。甲越の争覇をテーマにしたこのドラマ、原作は言うまでもなく井上靖氏です。しかし、ドラマの中心を担う武田信玄を描いた作品といえば、新田次郎氏の『武田信玄』も忘れてはなりません。そして、もう一方の上杉謙信を描いた作品とくれば、これはもちろん海音寺潮五郎さんの『天と地と』です。私にとっては、武…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武田信玄の子殺し

海音寺潮五郎さんによれば、日本の戦国時代、戦場で強さを発揮するという意味では武田信玄と上杉謙信が他の武将に隔絶していたそうです。謙信は領土欲のためには戦いませんので、単純に考えると、領国の統治能力なども含めて天下統一を果たす資格を最も兼ね備えていたのは武田信玄だったということになり、 「信玄があと10年長生きしていたら天下を取った」など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武田の騎馬軍団

NHK大河ドラマで「風林火山」を好評放送中ですが、原作に忠実に作るなら、主人公が山本勘助ということもあり永禄4年の川中島の戦い(第4次)でドラマは終わりとなるはずです。なぜなら、山本勘助はこの戦いの最中に戦死したとされているからです。おっと、これはネタバレだったかな。でも、みなさん当然知ってますよね。しかし、天下の形勢が大きく動くのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殺してしまえ ほととぎす

前回に引き続き海音寺潮五郎さんの『武将列伝』から「織田信長」を取り上げています。信長というのはよく言われている通り、中世という蒙昧な時代を終結させ、近世という新時代を開いた日本史上の偉人であり、天才と評するしかないような数々の事例をもって知られる人物ですが、ある側面から捉えると、現代風に言って「パワハラ」型の人物でもあり、私から見るとけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風林火山

いよいよ新たな年を迎えて、NHK大河ドラマ「風林火山」が始まりますね。説明するまでもありませんが、原作は井上靖氏で、武田信玄の軍師・山本勘助を主人公とする作品です。このブログでも何度か書いていますが、歴史を題材にするテレビ作品として、NHK大河ドラマは相当に大掛かりな部類に入りますし、注目度も高いものがあります。当然、それにあやかって商…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

武田信玄の冷徹さ

私は海音寺潮五郎作品のファンですので当然ながら上杉謙信派ですが、ライバルの武田信玄にも触れないと公平を欠くことになるかもしれませんね。海音寺さんの信玄評を少し紹介してみましょう。 以前にもこのBlogで話題にしましたが、海音寺潮五郎さんは『武将列伝』 (2)掲載の「武田信玄」を執筆するために、この当時の歴史を調査し、結果として上杉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上杉謙信は敵に塩を送った

先日どこかで目にしたBlogに、  「真田十勇士って、実在の人物じゃなかったんだぁ~ (;_;)」 と真実を知って悲嘆にくれている書き込みがありました。その気持ち分かります。私は十勇士の中では霧隠才蔵が好きでしたね。 歴史的事実と小説的虚構とをしっかりと区別して把握しておくのは重要なことですが、それが行き過ぎて歴史に関するロマ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

上杉謙信女性説と「ダ・ヴィンチ・コード」

ご愛顧(?)頂いているこのBlog、レポート機能の細かな使い方が分からないので不確定な情報ではありますが、「上杉謙信は女性だった!?」が多くの人に読んでいただけている模様です。  #ちなみに次点は「山内一豊と名馬」でこちらは大河ドラマの影響でしょうね。 ネット上でこの手の"トンデモ説"が目につきやすいこと、多くの人の興味を引くこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more