テーマ:豊臣秀吉

吉川英治と海音寺潮五郎

直木賞受賞作『天正女合戦』は海音寺潮五郎さんの初期の代表作です。この作品は千利休を芸術界の英雄ととらえ、天下人・豊臣秀吉と対比して描く独創的な構成となっています。その後の作品『茶道太閤記』でも、海音寺さんは「秀吉対利休」の構図を継承していますが、これに対して作品連載当時(昭和15年)、「国民的英雄の秀吉と一茶坊主の利休を対等の立場で描く…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

日本史上での諫言の士

話は前々回から引き継ぐ形になります。豊臣秀吉の周囲に、朝鮮出兵を諫止する勇気を持った人物がいなかったこと、これは何よりも豊臣家自身にとっての大きな不幸でした。この戦いが原因となって豊臣家は滅亡していったとする海音寺潮五郎さんの歴史解釈は既に紹介しましたが、日本史には「命をかけて諫言する」といった型の人物に乏しいような気がします。一方、古…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

加藤清正と小西行長

海音寺潮五郎さんの歴史解釈のあり方については、このブログで何度も取り上げていますが、今日は加藤清正と小西行長の比較を題材に、もう一度ふれてみることにします。舞台は豊臣秀吉の命令によって行われた朝鮮の役です。 朝鮮出兵が関ヶ原の戦いでの西軍敗北の遠因となったこと。それはつまり、豊臣家滅亡の原因でもあるとする海音寺潮五郎さんの史観につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だが、石田三成の志は諒とする

関ヶ原の戦いの主役となった石田三成と徳川家康。司馬遼太郎さんの表現を借りて豊臣家を会社に例えると、秀吉亡き後、徳川家康は、豊臣会社での最大の下請け会社の社長、兼、親会社の専務筆頭重役という地位にあり、一方の石田三成は、秘書課の課長というごく低い地位に過ぎなかった。それほど二人の地位・勢力は隔絶していたということです。しかし、専務筆頭重役…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

直江兼続と豊臣秀吉

再び来年度NHK大河ドラマ「天地人」と意識して直江兼続ネタでいってみましょう。直江兼続の人生に決定的な影響を与えた人物に豊臣秀吉がいます。秀吉は当時の天下人ですので、ひとり直江兼続に限らず、多くの人々の人生を左右したと思いますが、直江兼続の人生に影響を与えるに至った背景には、秀吉の出生が大きく関係しているというのが海音寺潮五郎さんの見方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「城井谷崩れ」黒田如水の暗黒面

『武将列伝』以降、復活が一時休止中の海音寺潮五郎さんの諸作品ですが、「城井谷崩れ」がアンソロジーに収録されて発売されています。『短篇小説集 軍師の生きざま』がそれです。その名の通り、軍師と呼ばれる人物を中心に扱った短篇作品集ですが、海音寺潮五郎さんが担当するのは黒田官兵衛(黒田如水)です。 黒田如水と言えば、竹中半兵衛と共に豊臣秀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海音寺潮五郎「直江兼続を語る」

場違いな道徳ネタが続きましたので、「あぁ、もうそんな話はうんざりだ!」という声が聞こえてきそうです。このブログの本題、海音寺潮五郎さんの話に戻ることにしましょう。絶好調だったNHK大河ドラマ「篤姫」も終盤に入り、そろそろ興味は来年「天地人」、すなわち直江兼続に移ってきているようです。海音寺潮五郎さんが直江兼続のことを語っている作品には『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の道徳崩壊と福沢諭吉(完結編)

これまで長々と、日本が道徳崩壊に至った理由とその過程について、私なりの見解を書きつづってきました。日本が経てきた長い歴史の間には様々なことがありましたが、今私たちが住む日本の状況を生み出すに至る大きな変曲点は昭和20年の敗戦だったようで、海音寺潮五郎さんが『史談 切り捨て御免』の中で次のようなことを述べています。 これは上記作品に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張ればいつか報われる

海音寺潮五郎さんの『武将列伝』に収録されている人物のうち、私があまり知らない人物として山中鹿之介がいます。世間一般には"山中鹿之助"の方が通りがよいようなのですが、海音寺さんの説明によると、 鹿之介または鹿之助が通用であるが、彼自身の書いたものは鹿介とあり、信長公記などにも鹿介とある。これが正しいのであろうが、シカスケと読みあやま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

与助、後の秀吉

実際にはまだ復活前ではありますが、このブログでは早めに海音寺潮五郎さんの『武将列伝』復活記念(かつ、祈念)ということで、信長の次は、秀吉で行きたいと思います。豊臣秀吉については海音寺さんの『新太閤記』の際にも何度か触れましたが、今回は出典が『武将列伝』という史伝ですから、また別の趣をもって読んでもらえるのではないかと思っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山賊 蜂須賀小六

前回触れたように、海音寺潮五郎さんは、歴史時代の事柄はその当時の常識や価値観に基づいて評価すべきであると、その著作を通じて主張しています。一方で、例えば後世の価値観で判断するのは好ましくないのを通り越して滑稽ですらあることを、事例をもって説明しています。『史談 切り捨て御免』に掲載してある内容をもとに、少し紹介してみましょう。 豊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年の終わりに伊達政宗

いよいよ今年も終わりに近づいてきました。今日あたりは多くの人が学校・職場が冬期休暇に入り、家でゆっくり過ごしていることかと思います。4月から書き始めたこのブログでは、最初の頃は海音寺潮五郎さんの作品が世間から忘れられていくという絶望感のみが先に立っていましたが、少ないながらも復活作品が現れたことで、今では少し気持ちにゆとりをもって作品紹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運の良い奴にはかなわない

何度か説明していますが、私は海音寺潮五郎さんと司馬遼太郎さんの全作品を読破するつもりで読書に取り組んでいます。お二人の作品には非常に感心する箇所、参考になる記述が相当な頻度で登場するため、そういったときには後で簡単に読み返せるようにと、該当ページの頭の部分にちょっとした折り目を付けることにしています。 本が傷んでしまうという指摘も…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

豊臣秀吉の猿まね

ここ何回か、海音寺潮五郎さんの『新太閤記』を紹介していますが、豊臣秀吉の伝記は掛け値なしに面白いと思います。それを生み出している源泉は何でしょうか? 秀吉の生涯が日本史上空前にして、おそらく絶後であろう大出世物語であることは言うまでもなく理由のひとつに挙げられるでしょう。司馬遼太郎さんの言を借りると「人たらし」とまで呼ばれる秀吉という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史に名を残せ

小学生の頃から歴史が好きだった私は、いっぱしに  「歴史に名を残したい!」 などという思いを抱いていたときがありました。当然、良い意味で名を残すつもりでしたし、まだ人生半ばなのでこの先偉大な功績を成し遂げて、歴史に残る人物となる可能性がないとは言えません。 が、まぁ、限りなくゼロに近いかなというのが現在の自己評価ですね。 歴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秀吉の凄まじい出世欲

仕事でしばらく海外出張していたため、このBlogの更新がすっかり滞ってしまいました。ただし、これまでに海音寺潮五郎さんのことを書きつづってきたBlog内の記事は、ある意味私の分身ですので、私が不在の間にも情報を発信し続けて、新たな読者をひとり、ふたりと獲得していることでしょう。ネット社会の素晴らしさを示す一例ですね。 が、Blog…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千利休は偉かった!

海音寺潮五郎さんは第3回(昭和11年)というかなり早い時期の直木賞を受賞しています。受賞作は一般に『武道伝来記』と『天正女合戦』と言われます。 私自身の状況を言わせてもらうと、このうち『武道伝来記』については、光文社時代小説文庫から出版されたものを入手できたので何とか読むことができましたが、『天正女合戦』については残念ながら今まで一度…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more