海音寺潮五郎記念館誌 第22号

2003年12月31日発行の海音寺潮五郎記念館誌 第22号です。また本号から保存状態の良い記念館誌に戻りました。そして、いよいよ海音寺潮五郎さんが直木賞の選考委員を務めた際の「選評再録」が始まりますよ!

海音寺潮五郎記念館誌 第22号(PDF:7.2MB)


海音寺潮五郎記念館誌 第22号

 ・平成14年度 文化講演会
  原口 泉「幕末薩摩と変革の力」

 ・特集「直木賞選評再録」その1

 ・『私と海音寺』 高橋千劔破 「『歴史読本』と海音寺先生」

 ・海音寺潮五郎年譜:その21

 ・碑めぐり(1)

 ・事務局だより


まず恒例の文化講演会は鹿児島大学教授の原口泉氏。海音寺潮五郎記念館の理事も務めていらっしゃった方で、別の年にも登壇され、そのときの講演は私も聴講しました。2008年の12月に開催されたもので、そのときの様子はこちらに掲載していますが、ちょうどNHK大河ドラマの『篤姫』で時代考証を担当されていたときで、ドラマ内容のネタバレなどがとっても面白かったのが印象的です。

それはさておき、本号の記念館誌から「直木賞選評再録」が掲載されているのに大注目です!海音寺潮五郎さんは第39回(昭和33年上半期)から第63回(昭和45年上半期)まで、直木賞の選考委員を務めていました。
その間、全ての選考委員会に出席し、選評を執筆しているとのことで、記念館誌で内容を再公開することになったものです。こちらも面白いネタが満載ですよ。

有名なところでは、『国民的大作家・司馬遼太郎 誕生秘話』として別途掲載していますが、司馬遼太郎さんの直木賞受賞を強力に後押しした逸話。
そして、『時には後輩を厳しく指導します』で掲載している池波正太郎氏を酷評した逸話です。海音寺潮五郎さんと池波氏の歴史観、歴史小説観が深刻なまでに相違していることがよくわかると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック