アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「池波正太郎」のブログ記事

みんなの「池波正太郎」ブログ

タイトル 日 時
海音寺潮五郎記念館誌 第23号
2004年8月31日発行の海音寺潮五郎記念館誌 第23号です。文化講演会に登場するのはお茶の水女子大学教授の藤原正彦氏。前号から始まった「直木賞選評再録」は今回が2回目となります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/27 09:26
海音寺潮五郎記念館誌 第22号
2003年12月31日発行の海音寺潮五郎記念館誌 第22号です。また本号から保存状態の良い記念館誌に戻りました。そして、いよいよ海音寺潮五郎さんが直木賞の選考委員を務めた際の「選評再録」が始まりますよ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/16 08:01
先輩作家の親心
直木賞選考委員を務める海音寺潮五郎さんが、池波正太郎氏が直木賞候補だった当時、その作品に対して相当に手厳しい批評を下したことを、以前このブログで紹介しました。これは一部、Wikipediaにも書きましたので、新たにこの事実を知った方も多いと思います。考えてみれば、作家というのは自己表現によって立っている一種の芸術家ですから、この手の価値観の違いというのはごく当たり前の事例のようにも思われるのですが、実は海音寺潮五郎さん自身が、作家になる以前の時期に、似たような体験をしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/19 16:56
海音寺潮五郎と池波正太郎
海音寺潮五郎さんの『列藩騒動録』がめでたく再販されることになりました。今朝、通勤電車の中でそれを宣伝する講談社の中吊り広告を見たのですが、何と評するべきか、、、「海音寺潮五郎」という文字が小さい!!!!!あれでは遠目からでは判読不可能です。しかも、「海音寺潮五郎」という文字の上には、「池波正太郎」という文字がデカデカと書いてあるではありませんか!!!海音寺潮五郎さんの復権にはまだまだ高いハードルが控えているとあらためて認識した次第です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/16 19:49
天敵
人間には相性というものがあり、不思議なほど気の合う相手がいれば、逆にどうにもそりの合わない相手というのもいるもので、けっして長くない私の人生でもそういう両面の出会いが多々ありましたし、みなさんも同様だと思います。そして、海音寺潮五郎さんが見いだし、優秀な弟子(言葉の厳密な定義はおくとして)として成長した司馬遼太郎さんは、海音寺さんにとって相性の良い相手だったに違いありませんし、その一方で、海音寺さんとは全くそりの合わなかった人も少なくなかっただろうと想像します。そんな典型例が、池波正太郎氏です。... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/21 13:28

トップへ | みんなの「池波正太郎」ブログ

海音寺潮五郎応援サイト 〜 塵壺(ちりつぼ) 〜 池波正太郎のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる