海音寺潮五郎応援サイト 〜 塵壺(ちりつぼ) 〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 海音寺潮五郎の『日本史探訪』

<<   作成日時 : 2007/08/27 20:40   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

その昔、NHKで放送していた番組に「日本史探訪」というものがあったそうです。さっとさんとのコメントのやり取りでも書いていますが、先日、近所の古書チェーン店で、この「日本史探訪」を本としてまとめたものが出物としてあったため、海音寺潮五郎さんが登場した回を収録した本のみを選んで購入しました。\100/冊なり!です。安い、安い。

今、NHKでは「その時 歴史が動いた」という歴史を素材にした番組を放送していますが、この「日本史探訪」はその先輩ともいうべき内容と思ってもらえば分かると思います。放送されていたのは、どうやら昭和40年代から50年代にかけての模様なので、少し年輩の方であれば実際に放送を見たことがあるでしょう。
私が購入した本は角川文庫から出版されていたもので、当然今では絶版だと思いますが、全22巻。その全てが古書店にあったわけではないのですが、海音寺潮五郎さんが登場し、結果、私が購入したのはそのうち10冊でした。

ところで、この「日本史探訪」ですが、実は
 「司馬遼太郎の日本史探訪」
 「松本清張の日本史探訪」

といった形で、作家ごとの再編集版が現在でも出版されています。しかし、残念なことに
 「海音寺潮五郎の日本史探訪」
という本はないのです!なぜでしょう?それは出版社が、
 そんなもの商品価値がない
と判断したからに他なりません。つまり、海音寺潮五郎さんは、現在ではこの程度の扱いなのです。悲しいかな!

さらに言えば、NHKで放送された「日本史探訪」に登場した回数が最も多かった作家は、海音寺潮五郎さんだったそうなのです。これは海音寺さんが多くの史伝を執筆した動機にもなっている、
 日本人に日本歴史の常識をもってもらいたい
という意図にそった企画だったために、海音寺さんがNHKに協力したからだと思われます。こんなところからも、海音寺潮五郎さんが志の高い作家だったことが伺い知れますね。
司馬遼太郎の日本史探訪 (角川文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
絶版ですが、『永井路子の日本史探訪』もあります。司馬遼太郎、松本清張、永井路子。大衆受けしそうな面々ですね(笑)
話はかわりますが、先日、古本屋で、『ちくま日本文学全集』を発見し、そのなかに海音寺潮五郎さんのもありました。さすが、筑摩書房だ(笑) 『悪人列伝』から三篇(道鏡と義満と・・あともう一人は忘れちゃいました)のほか、「極楽急行」など10篇ほど収録されておりました。
文庫版で手にとりやすい一冊でしたよ。
さっと
2007/08/29 18:23
さっとさん、こんばんは。
永井路子版の日本史探訪もあったのですね。知りませんでした。私が購入した本ですが、海音寺潮五郎さんの所中心につまみ読みしているので、そろそろ読み終わりそうです。いろいろ、ブログのネタに出来そうな情報もありましたので、おいおい書いていきますね。

さて『ちくま日本文学全集』ですが、これも私はまだ目にしたことがありません。しかし、悪人列伝は既読ですし、短編も全集が手に入りましたので、作品自体は手元にあるのかなと思っています。
今ではすっかり、海音寺潮五郎研究家ではありませんが、作品以外のあとがきなどに注目している私ですが、ちょっと行き過ぎかもと自分なりに感じる今日この頃です。
モモタ
2007/08/29 20:17
こんばんは。
『ちくま日本文学全集』収録作品については、モモタさんは既読だと思われます。ただ、このシリーズに海音寺潮五郎があったという事実。
「そんなもの商品価値がない」とは考えない出版社もあるということではありませぬか!
さっと
2007/08/30 20:27
さっとさん、おっしゃる通りです!
他には確か、「二本の銀杏」と「立花宗茂」を収録した企画があったと思いますが、あれはどこの出版社だったでしょうか。

この種の文学全集に海音寺潮五郎さんがあまり含まれていないのは残念なことですね。
モモタ
2007/08/30 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
海音寺潮五郎の『日本史探訪』 海音寺潮五郎応援サイト 〜 塵壺(ちりつぼ) 〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる